ボトックスで顔ジワ対策!どんなものを注射するの?

ボトックスとは一体何?

美容業界でよく目にする施術の名称としてボトックスがあります。ボトックス注射、ボトックス療法などといった名前でメニューに記載されていることが多いですが、ボトックスとは一体何なのかと疑問に思う人もいるでしょう。ボトックスとはボツリヌストキシンと呼ばれる毒素の一種です。それを注射することによって顔ジワの対策をすることができることが知られているため、美容クリニックでは頻繁に行われる施術になっています。ボツリヌストキシンは大量に生産するのが難しい物質なのでボトックス注射は比較的高額な施術となっていますが、表情の変化によってできてしまうシワをなくすのには高い効果を発揮する施術として注目を浴びているのが現状です。

ボツリヌストキシンって大丈夫なもの?

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌と呼ばれる細菌が持っているタンパク質で、大量に摂取すると死に至るリスクもあるため毒素と呼ばれています。毒を使うなんて怖い施術だと思う人もいるでしょう。失敗したら命に関わるリスクもあるのかと思う人もいるのは確かです。ただ、薬も飲み過ぎれば命に関わるものが多数あるのと同じで、少量の毒素を使う分には特に問題が起こることはありません。ボツリヌストキシンは治療にも使える毒素の典型例で、もともと神経内科や眼科などの痙攣治療にも用いられていた経緯があります。そのため、ボトックス注射は危険なのではないかといった懸念をする必要はありません。安全に使用できる用量を守って医師が注射してくれるからです。

ボツリヌス菌によって作られる毒素をボツリヌストキシンと言います。顔のリフトアップやワキガの治療のためにボツリヌストキシンを注射するのがボトックス注射です