家族がうつ病かもしれないと感じたらどうやって治療を受けさせればいい?

本人に自覚がある場合は簡単

家族や配偶者がうつ病かもしれないと感じた場合、どのようにして治療を受けさせればいいのでしょうか。まず、本人に病気の自覚がある場合は比較的簡単です。最寄りの専門病院、あるいは総合病院の精神科に行って診てもらいましょう。もし、なんらかの伝で知っている精神科の医者がいるなら、そこに行くのも手です。精神的な病気というのはかなり多種多様であり、医者によって得手不得手がありますが、うつ病を診察できない精神科医というのはまず存在しません。どこに行っても「うちでは診られない」などといわれることはないはずです。

うつ病の自覚がない場合は知識を身につけてから説得を

問題は当人にうつ病の自覚がない場合です。たとえば、うつ病やうつ病患者に対してネガティブなイメージを持っていた人がうつ病になってしまった場合、「自分がうつ病であるはずがない」と反発してくることが予想されます。そして無理をして仕事へ行き、より悪化して最終的には家で横になることぐらいしかできないという状況まで追い込まれてしまうのです。そうならないためにも、うつ病がまだ軽い状態のときに病院へ行かせるようにしましょう。自覚がない人を病院を連れていくためにはうまく説得するしかありません。説得するためには、家族がうつ病のことをよく知ることです。本などで十分知識を身につけてから本人と話すようにしましょう。

早くよくなってほしいという気持ちを押しつけない

本人が病院へ行ってうつ病との診断を受けたら、その日から治療が始まります。症状が重い場合は即入院ということもあり得ますが、たいていの場合、薬をもらって家に帰ってくるでしょう。家族は当然、うつ病患者と暮らしていくことになるわけですが、それを踏まえた知識も必要になってきます。たとえば、うつ病の家族に対して責め立ててはいけないという知識はよく知られていますが、ほかにも注意しなければならないことはたくさんあります。一つ気をつけたいのは治療に対して家族の方が力を入れすぎないことです。あまりにも前のめりだと、患者はプレッシャーを感じたり、申し訳ないという気持ちを抱きやすくなり、ストレスになります。

うつ病の家族と医者の信頼関係を大事にする

うつ病がすぐよくならないからといって、家族が「あのお医者さんの治療に問題があるのではないか」などということも厳禁です。うつ病は医者であっても、「いつまでに治る」とは言い切れない病気です。家族がまだ治らないのはおかしいと判断することはできません。また、患者自身は医者のことを信頼していたのに、家族の一言で疑心暗鬼になり、やがて「もう病院に行かない」と言い出さないとも限りません。

光トポグラフィーは医療機器の一種で、体に害のない近赤外光を用いて脳の活動状況を把握します。主に脳の表面にある運動野や言語野といった箇所を調べ、うつ病や精神疾患の診断に使います。