うつ病とは何ですか?その治療方法について

うつ病とはどんな病気ですか

うつ病とは気分障害の一種です。通常は休息すれば元気になって、やる気を取り戻しますが、うつ病になるとそれができなくなってしまいます。特徴としては、不安で仕方がない、焦燥している、気分の落ち込み、集中力の低下、眠れないなどがあり、さらにひどい時には自殺願望を持つようになったりもします。

うつ病の治療方法について

うつ病にとって基本的に大切なのは、休養を取ることです。主婦であれば家事の負担を夫や子供たちにお願いして、自分は休養する必要があるでしょう。働いている場合には、休職あるいは仕事の軽減を行わなくてはなりません。場合によっては仕事をやめることも視野に入れる必要があるでしょう。

自分の患っているうつ病が軽度の場合には自分でもできることがあります。より積極的に行動できるようになることです。ですから、毎日の生活の中にメリハリをつけてしっかり休んだうえで、家の外にも出るようにすることが大切です。規則正しい生活を心がけることやウオーキングなどのスポーツをすること、また楽しかったことやポジティブなことを考えるようよすることは軽度のうつ病を対処する上で大切です。

中度あるいは重症のうつ病の場合にはもっと医者の助けが必要です。最初に先生とよく話をしてどの薬を使うか、どんな作用がありどんな副作用があるのかを知る必要があります。十分に先生との信頼関係を構築する必要があります。薬の治療がスタートしたら、先生を信頼して焦る気持ちを抑えて辛抱強く治療に当たらなくてはなりません。時間の経過とともに体調は回復していくことでしょう。早く仕事に復帰したいと思うかもしれませんが、まずは規則正しい生活をスタートして徐々に普段の生活リズムを取り戻す必要があります。薬の調整も必要でしょう。先生とよく話し合って物事を進めていく必要があります。場合によっては逆戻りしてしまうこともあるかもしれませんが、大切なのは辛抱強く希望を捨てることなく治療に励むことです。

薬に頼らないうつ病の治療

治療に当たって薬に頼ったから悪いとか、薬に頼らなかったから良いという考え方は捨てましょう。大切なのは自分に合った治療方法を見つけることです。

うつ病患者が薬に頼らずに治療する場合には十分に休める環境を持っている必要があります。考え方の歪みやコンプレックスをカウンセラーを通して心理的に治療していくことになります。薬に頼らずカウンセラーによる心理的療法を行う場合に、大切なのは信頼できる医師、カウンセラーに出会うことです。つまり、すでに持っている自分の価値観だけで考えるのではなく、自分の枠の外にもたくさんの正解が存在していることを気づかせてくれる信頼できるパートナーに出会うことが大切なのです。

TMSは「Transport Management System」の頭文字を取った略称で、「輸配送管理システム」と訳されます。効率良く、低価格に品物を物流センターから納品先まで輸配送することを管理するシステムです。